検索
  • yukaoz

論文が掲載されました

Scientific Reports に論文が掲載されました。

Mothers’ interoceptive sensibility mediates affective interaction between mother and infant.

Scientific Reports, 12, 6273 (2022).

Ayami Suga, Yosuke Naruto, Venie Viktoria Rondang Maulina, Maki Uraguchi, Yuka Ozaki & Hideki Ohira

https://doi.org/10.1038/s41598-022-09988-y


子育て中の母親における間受容感覚(interoceptive sensibility)の役割に着目し、母子相互作用と母親の幸福感の関連性をどのように媒介するかを、経験サンプリング法(ESM)を用いて検討した研究です。生後2-8ヶ月の乳児とその母親がペアで参加し、スマートフォンのアプリケーションを用いて、母親と乳児の日々の感情や生理状態を1か月間記録しました。母子相互作用の促進には、母親から乳児への歌いかけ(infant directed singing: IDS)が用いられました。その結果、IDSは母子の相互作用と肯定的感情を促進し、母親の生理的覚醒を高めることが示され、間受容感覚がその効果を媒介していることが示唆されました。

第一著者の菅文美さん(ユニ・チャーム株式会社 共生社会研究所)、そして大平英樹先生(名古屋大学)を始めとする共著者の方々との協力&努力が実り、こうして論文を刊行できたことを嬉しく思います。

*この研究は、ユニ・チャーム株式会社 と 東洋大学 の産学連携共同研究の一環として行われました。



閲覧数:109回0件のコメント

最新記事

すべて表示