top of page
検索
  • 執筆者の写真yukaoz

論文が掲載されました

Using prompts to promote desirable organizational behaviors: An experience sampling intervention study.

Yuka Ozaki (Toyo University)

Daigaku Matsuda (Lantana, Inc.)


Published online on 29 December 2023


Japanese Journal of Experimental Social Psychology(実験社会心理学研究)に論文が掲載されました。共著者の松田大学さん(株式会社らんたな)と産学共同研究の成果をまとめた論文を刊行できたこと,大変うれしく思います。本研究プロジェクトを支えてくださった関係者のみなさまに,心から御礼申し上げます。


Abstract

A field intervention study was conducted to examine whether goal prompting is effective in improving organizational behaviors in the workplace. Employees in Japanese companies participated in the study (N = 82). At the beginning of each working day throughout the study period of one month, a behavioral goal (i.e., description of a desirable organizational behavior) was presented to the employees through a smartphone app. At the end of their working hours, the employees self-evaluated the levels of implementation for two different behaviors, one of which was presented to them earlier that day (i.e., prompted behavior), and another that was not (i.e., non-prompted behavior). The results of a multilevel analysis revealed that the prompted goals were implemented to a greater extent, in comparison to the non-prompted goals. Based on the results, theoretical and practical implications of goal prompting intervention to improve organizational behaviors are discussed.



要約(和文)

目標プロンプトの使用が望ましい組織行動の促進に有効であるかを検証するために,フィールド研究が行われた。国内企業の就労者82名が実験に参加した。1ヶ月の研究期間中,各勤務日の始業時に,スマートフォンアプリを通じて行動目標(組織における望ましい行動の描写)が参加者に呈示された。終業時には,その日の始業時に呈示されたもの(プロンプトあり)と呈示されていないもの(プロンプトなし)各1つ,計2つの行動について,1日を通じた実行の度合いを自己評価するよう求められた。マルチレベル分析の結果,プロンプトがなかった場合と比較して,プロンプトのあった望ましい組織行動の実行度がより高く報告された。これらの結果に基づき,組織行動を改善するためのプロンプトの使用について,その理論的・実践的意義を考察した。



閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page