exkuma_edited.png

Tutorial

exkuma ではじめる経験サンプリング法

0.はじめに

0.1 exkumaとは

0.2 exkumaの特長

 
0.1 exkumaとは

スマートフォンを通じた経験サンプリング調査を実施するためのツールは、欧米において、いくつか開発されています。しかし、そのいずれも、日本の通信環境や言語表示に適していない and/or 値段がかなり高額…といった問題が多かったため、国内でのESM調査の実施には大きな壁が立ちはだかっていました。

この壁をようやく取り除いてくれたのが、exkuma(エクスクマ)です。

日本国内でスマートフォンを通じた経験サンプリング調査を実施するのであれば、exkumaを第一にお勧めします。

概要:

  • LINEでお知らせ、Webブラウザで回答。

回答タイミングのおしらせ(シグナル)がLINEメッセージとして届きます(下図左)。調査対象者は、自身のスマートフォン上でLINEメッセージを開き、そこに含まれるURLをクリックします。すると、Webブラウザ(Chrome, Safariなど)上で調査設問がひらき、その場で回答ができるという仕組みです。スマートフォン画面での回答に最適化した設問フォームは、自由記述・単一/複数選択・マトリックス(段階評定)など、豊富な種類があります(下図右)。

*シグナルを必要とせず、回答者が自ら判断したタイミングで調査に回答するタイプのESMにも対応しています。

signal_LINE.png
 

0.2 exkumaの特長 

  • 安心、手軽に参加できる

LINEとWebブラウザ(Chrome, Safariなど)という2つのアプリを通じてESMを行うことには、多くのメリットがあります。まず、いずれも普及率の高いアプリであることから、調査対象者にとっては普段から使い慣れており、安心して調査に参加することができます。また、新規にアプリをダウンロードするという手間もかかりません。

  • 高い操作性と豊富な設問形式

exkumaで調査を作成するためのインターフェース(Webブラウザ上で操作します)は、直感的にわかりやすく、誰でも簡単に使えます。また、オンライン調査のために作られたシステムというだけあって、ありがたい機能が満載されています。たとえば、設問形式の種類が豊富であること(単一選択、複数選択、マトリックス、画像入れ込み等)。特に、マトリックス(段階評定)のスマートフォン表示の見やすさ・答えやすさは抜群です。さらに項目順序のランダム化・分岐・パイピングなど、高度な機能が使えます。位置情報サービスを利用した現在地情報の記録も可能です。​

  • ​優れたシグナリング機能

シグナルを送信するタイミングを詳細に設定できます。定刻/ランダムを選ぶことや、1日あたりの送信数、日程(何日間)、リマインダーなど、ESM調査に必要となる設定が揃っています。また、LINEを通じたシグナル送信を行うことにも大きな利点があります。EmailやSMS送信は、スパム認定されてプロバイダーからブロックされたり、迷惑フォルダに振り分けられたりするなどの理由によって、「送ったはずなのに相手側にメッセージが届かない」というトラブルがときおり発生します。一方、LINE通知は確実に届きます。私がテストした限りでは、100%の受信率です。通信圏外になってしまうとアウトですが、近年では人々の生活環境のすみずみまでが通信網でカバーされるようになったので、ほとんど問題は発生しません。

  • 完全日本語対応

調査参加者側の回答フォームも、調査実施者側の設定画面も、すべて日本語対応ですから、双方にとって使いやすさと安心感があります。

  • リアルタイムで回答状況をモニタリングできる

調査実施者は、自身のexkumaアカウントから、各プロジェクトに登録された調査対象者のリストのうち「誰が、いつシグナルを受け取り、何回分の回答を済ませたのか」を確認できます。調査期間中にリアルタイムで回答状況を確認できることで、何か問題が発生すればすぐに気づくことができますし、調査対象者から問い合わせが入ったときに俊敏に対応することも可能です。

  • 手ごろなお値段

プロフェッショナル・プラン年間使用料49,000円(税込)というのは経験サンプリング調査ツールとしては破格に安価です。いくつでも同時並行のプロジェクトを作成できますし、収集できる回答数やサンプルサイズ(回答者人数)の上限はありません。追加料金の発生するオプションプランなども一切無しです。無料プランで機能や操作性を試してみてから有料登録に移行できるという点でも、安心です。(ただし、LINEメッセージ送信数/月が1,000通を超える場合は、LINE公式アカウントをアップグレードする必要があります。料金などの詳細はこちら:LINE「料金プラン」

次のページから、exkumaの使い方について説明します。以下の Next ボタンを押してください。