検索
  • yukaoz

論文が掲載されました

Journal of Happiness Studies に論文が掲載されました。

Testing Buddha: Is Acute Desire Associated with Lower Momentary Happiness?

Stephen L. Murphy, Yuka Ozaki, Malte Friese & Wilhelm Hofmann

Journal of Happiness Studies (2021)


欲の強さが人間を不幸せにする…という仏陀の教えになぞらえたタイトルとなっています。ただし宗教がテーマではなく、心理学的研究です。経験サンプリング法を用いた調査から、強い欲望(desire)を感じているときには、欲望を感じていないときよりも、幸福感が低いことが示されました。

私は、著者4名のうち唯一のアジア人(仏教文化圏出身者)としてこの研究に関わることになり、責任重大といいますか、はじめは少々プレッシャーを感じておりましたが…

有能な先生方と丁寧にディスカッションしながら、ひとつの論文にまとめあげていく過程で、沢山のことを学ぶことができました。この成果がめでたく掲載され、とても嬉しく思っています。


オープンアクセスとなっておりますので、宜しければご覧ください。


45回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示